Galaxy S8+に機種変更しました

Galaxy S6 edgeからGalaxy S8+に機種変更し1ヶ月経過。全力でオススメできる端末と確信しました。

 

Unbox your phone!ベゼルレス最高!
f:id:tokuda-hirofumi:20170801100619j:image

  • 超狭額縁といえるディスプレイは壮観
  • 映像だけではなく、あらゆる表示が綺麗
  • S6 edgeで悩ましかったエッジ起因の誤操作は皆無
  • 大画面の恩恵>物理ボタン廃止のデメリット
  • ホームボタンが「あった場所」を押し込むと、ホーム押下として動作する
  • ナビゲーションバーの左右は入れ替え可能
  • always on displayによる電池消費は気にならない
  • 画面サイズの割に横幅が狭く持ちやすい
  • 表面はツルツルしていてよく滑る
  • ツルツル感は背面も同様で、手触りは最高だがとにかく滑る

 

Galaxyクラウドの復元機能が強力
f:id:tokuda-hirofumi:20170801102542j:image

  • Googleアカウントからの復元より強力
  • 前Galaxyで使用していたアプリや設定が一括復元
  • Nova Launcherの設定やTaskerのタスクまで復活
  • この強力なバックアップ/復元機能がGalaxyを使い続ける理由になる、というくらい良い

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170801103042j:image

  • SmartSwitchアプリを使えば、端末同士のWi-Fi通信で移行する事もできる
  • 通信量を消費しないため、SDカードのないS6 edgeからハイレゾ音源を移行するのに役立った

 

カメラの出来が良すぎる

  • 一昔前のコンデジより高解像度&ノイズレス
  • ISO400未満はほぼノイズレス
  • ISO400以上になる事自体がめったにない
  • F1.7のレンズと、明るさの割に深い被写界深度を活かして感度を上げないよう制御されている印象
  • カメラアプリの使い勝手は普通

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170801105206j:image

「いきなり!ステーキ」のランチ。料理モードで撮影すると若干赤みが増してジューシーな色合いに


f:id:tokuda-hirofumi:20170801105127j:image
花丸ちゃんかわいい。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170801104327j:image

アクアワールドで見かけたサメ子ちゃん達。水族館での撮影も難なくこなせる。

 

ポータブルオーディオとしては及第点

  • オーディオプレーヤーのアプリは別途DL必要
  • K2HDではなくなったが非ハイレゾ音源のアップコンバート機能は有り
  • 音質に不満は無いが、感動するほどでもない

 

懸念の指紋認証は、やはり微妙

  • 背面カメラ横の指紋認証装置は指が届かない
  • どう考えても位置がおかしい
  • 虹彩認証はセンサーと瞳が正対していれば爆速
  • 両方を同時に使えるが、両方ともうまくいかない事がある
  • SmartLockを併用すれば大幅なストレス軽減になる
  • 大容量バッテリー&省電力モードは強力で、SmartLock活用のためにBluetoothGPSを常時ONにしていても全く問題ない


f:id:tokuda-hirofumi:20170801123321j:image

  • 信頼端末(Bluetooth機器)との接続中と、自宅内(位置情報で判定)ではロック解除に設定
  • これでロック解除にまつわるストレスは解消した
  • SmartLockを使わない場合、指紋認証のマズさはS8+の重大なデメリットになる

 

電池は異常なほど持つ 

  • 体感でS6 edgeの2.5倍は持つ印象
  • 1ヶ月使用して残量警告を見たのは1度だけ
  • 省電力モードでCPUの速度制限をしていても爆速
  • BluetoothGPSの利用を躊躇うことも無くなった
  • 充電時間も早く、2時間程で満充電になる
  • 使用中/充電中ともに発熱はほとんどない
  • モバイルバッテリーには引退してもらった

 

他製品には無い「ちょっと未来」感

  • S8/S8+ のディスプレイに慣れると戻れない
  • 店頭に並ぶ他端末が全て旧世代に見える
  • このディスプレイを「カッコイイ!」と感じたら、購入して損はない

 

以上、個人的には何をどう考えても現状のベスト・バイだと感じています。Note7のリコールで評判が地に落ちたSamsungですが、S8+は信頼回復に値する傑作です。韓国製と色眼鏡で見ることなく、いや、あえて色眼鏡をかけたとしても「参りました」といえる製品に仕上がっていると思います。

ガルパン極上爆音上映は最高です!

f:id:tokuda-hirofumi:20170723224659j:image

立川シネマシティでガルパン劇場版を鑑賞するのは3回目です。きっと、筋金入りのガルパニストなら鑑賞回数2桁は当たり前でしょうから、まだまだ若輩ですね。

とはいえ、自宅で何度も繰り返し観た映画を、あえてまた映画館に出向いてまで観るというのは我ながら異常です。Amazonビデオのセル版はスマホに常時入っていますし、立川遠いし、上映時間遅いし…

いやいや、シネマシティといえど、さすがにそろそろ上映が終わると思われます。後悔先に立たず。ここは大人ぶった予防線を飛び越えるべきでしょう。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170723224712j:image

最終章の予告がある事は当然期待していたのですが、上映前にシネマシティスタッフさんによる前説があったのは嬉しいオマケでした。「874回目の上映となります」で館内に笑いが起こる。一般的な映画鑑賞の枠を超えた、いい意味で異常な、ガルパン極爆というアトラクションへの愛を感じる一幕でした。

映画の内容は全て分かりきったシーンばかりではありますが、砲撃音で館内の空気が震えるあの感覚はやはり格別で鳥肌も涙も出ましたね。その他、あらゆるSEが際立って聞こえるため、車両毎の走行音の違いや、鉄の塊(戦車)がぶつかり・擦れ・時には転がっていくような音もハッキリと楽しめます。

自宅で再現しようにも住宅事情的に不可能と思われる振り切った音響、やはりそこに1,800円の価値がありますね。もちろん、ガルパン劇場版という作品そのものが繰り返し視聴に耐えうる内容だからこそ、であります。

上映後は皆拍手していました。もちろん私も。

 

国立科学博物館「深海 2017」展に行ってきました

f:id:tokuda-hirofumi:20170721172836j:image

怪しげなポスターが冒険心をくすぐります。

平日とはいえ夏休みシーズンですからね、ずいぶん混んでいました。子供連れとカップルが大半でしたかねぇ、私は相変わらずぼっちで楽しく回りました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170721173353j:image

話題のラブカ君もいますよ。

 

展示の構成はざっくり、①深海生物②巨大災害③海洋資源と断層の探索です。深海生物メインの展示は全展示の4割〜5割といったところですね。

生物のコーナーが終わったあたりから、だんだん空いていくのは寂しかったですねぇ…

とはいえ、人の多さと再入場不可であるため休憩しづらい(椅子が置いてあるだけの休憩所はあります)事で疲れてしまい、「そろそろいいか」と早足になってしまう気持ちもわかります。

どの展示も面白く、値段相応のボリュームがある一方で、一息に見て回るのはかなりの体力が必要です。私は3時間半立ちっぱなしでした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170721182733j:image

子連れの方を見ていて思ったのですが、子供さんは特に音声ガイドを借りた方がいいですね。音声ガイドを持っているお子さんは各展示でガイドを聞くために立ち止まっていましたが、フリーダムな子は興味のない展示はチラッと見て通り過ぎていたように思います。しかし、東日本大震災のメカニズムや、日本のEEZ内に海洋資源が豊富であることなど、生物以外の展示にも興味を持ってほしいんですよね。


f:id:tokuda-hirofumi:20170721183653j:image

知的好奇心をくすぐるこの特別展、大人も子供も楽しめる素晴らしい内容でしたが、できれば少しでも空いていそうな曜日や時間帯に行かれる事をおすすめします。

いつか、私の生きているうちに、生きたデメニギスが見られる時代が来ますように。


f:id:tokuda-hirofumi:20170721184254j:image

で、失った体力を補給するため、秋葉原の「東京トンテキ」で遅めの昼食をとりました。肉厚だけど柔らかくて美味しかったです。タレが濃い目の味付けで、めちゃくちゃご飯が進みます。

 

あぁ、夏休みっていいですね。

ガルパン聖地巡礼 また大洗に行ってきました(後編)

(前編からの続き)ガルパンの聖地、大洗にまったり再訪してきました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719090550j:image

アパホテル水戸駅北口のレストラン「ビストロエンドウ」の朝食ビュッフェ。夏の海鮮フェアだそうで、イクラやシラス、明太子にカニのほぐし身とイカソーメンが食べ放題。イクラ集中攻撃で食いまくり。ご飯が何杯あっても足りない大満足な朝食でした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719091557j:image

大洗鹿島線に乗り、再び大洗へ。ガルパン車両はやっぱり嬉しい。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170719205857j:image

海遊号でアクアワールド茨城県大洗水族館に到着!

ピーカンですが、海風が涼しく爽やかでした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719171147j:image

海岸から駐車場に戦車で上がるのは無理そうです。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719171319j:image

ここに戦車を配置して、駐車場の上から撃破を狙うカチューシャの作戦はイイ線いってるように思います。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170719171654j:image

ローズヒップ撃破のシーンですね。

桃ちゃんおめでとう。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719171829j:image

エキシビション決着後に、この建物からペンギンが出てきていましたが実際はフードコートです。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719172029j:image

入り口すぐの場所にあんこうチームの住民票が。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170719172303j:image

でっかい華さんパネルあります。背景を入れるとド逆光になるカメラ殺しな場所にありましたね…


f:id:tokuda-hirofumi:20170719172427j:image

そしてコレは!華さんの新境地です!

ガルパンを知らない人には全くクレイジーな生け花ですが、私は大喜びでした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719172700j:image

イルカ&アシカショー。楽しいショーでした。

アクアワールドに来たら絶対に観ておきたいものその①です。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719173950j:image

ミズクラゲ。クラゲの展示は少なめです。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719173200j:image

アライッペ…じゃなくて、ダーリアイソギンチャク。

深海に棲むイソギンチャクだそうで、解説文には「生きている姿やその生態はほとんど知られていません」とありました。謎のモサモサです。
 
f:id:tokuda-hirofumi:20170719195255j:image

アクアワールドに来たら絶対に観ておきたいもの、その②はマンボウマンボウ専用水槽で複数匹泳いでいるのは珍しいです。

マンボウは小回りが効かないため水槽の壁やガラスにぶつかりやすく、傷つくのを避けるため内側に透明のビニールがバリアのように設置されています。

写真のマンボウは写真の縦横が逆な訳ではなく、ビニールにぶつかって顔面を擦りながら方向転換した結果です。マンボウは面白いです。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170719195253j:image

マンボウの巨大剥製もあります。ホホジロザメの剥製もありましたが、存在感は断然マンボウでしたね。こんなに弱そうな巨大生物は見たことがない。

マンボウの餌やりタイムも必見です。飼育員さんが餌を持った手を水面に入れると、元から開いている口を開けたままゆらゆらと近づいていき…飼育員さんが餌を口に放り込む。ポイッと。なんとも気の抜けた、情けない感じがして笑えましたね。マンボウを見ていると、自然界が厳しいとか弱肉強食とか嘘なんじゃないかと思えてくるくらい、ある意味で感動します。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719201344j:image

アクアワールドに来たら絶対に観ておきたいもの、その③はもちろんサメ。アクアワールドのシンボルマークですからね。マンボウ水槽の後ろに巨大ザメ水槽があり、いかにもヤバそうな顔つきのサメがうようよしています。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719201708j:image

シロワニの解説。「妊娠中、子宮の中で赤ちゃんは兄弟で共食いをして1つの子宮に1尾だけが残ります」などと壮絶な事がサラッと。一方、マンボウは3億個の卵を産むわけで、生存戦略の激しいギャップに笑ってしまいました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719202803j:image

ゴマフアザラシさん。この水槽は両隣のエトピリカ・ラッコと並んでいて、餌やりタイムを連続で観ることができました。白内障のアザラシが随分いるな…と思ったのですが、高齢のアザラシが多いのだそうです。目薬をさして進行を遅らせていると解説がありました。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170719203550j:image

フルル…じゃなくてフンボルトペンギン

羽が茶色いペンギンは換羽中だそうです。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719203927j:image

特別展のカメは、うーん。まぁまぁでしたね。

f:id:tokuda-hirofumi:20170719204223j:image

フードコートで月の井酒造さんのお酒をいただきました。ボトルが綺麗で味も良い。このフードコート内で昼食を取る予定だったのですが、朝食を食べ過ぎて全くお腹が減らず。フードコートで一人酒という怪しいオッサンになっていました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170719204625j:image

各展示とイベントをおおむね観て周り、滞在時間は約5時間。大洗旅行の2日目は、ここ一箇所で終了です。

やはり大洗で一番の観光スポットはアクアワールドですね。非常に面白かったです。

 

前回の訪問で心残りであった場所は回収できました。それでも大洗にはまだまだ何度でも行きたいですね。訪れた場所もリピートしたいし、ガルパンに限らない周辺のスポットにも興味が湧いてきました。

都心から通える程度の田舎で、海はバッチリ綺麗で、食べ物は美味しい。またいずれ、必ず再訪します!

 

そうそう、大洗駅の売店で購入した駅弁「ダイダラボウのはまぐりめし」が素朴かつ品の良い味で美味しかったですよ。次はたこめしを買わなきゃなぁ。

ガルパン聖地巡礼 また大洗に行ってきました(前編)

今回は1泊2日で、ガルパン成分控えめの「ふつうの大洗観光」をしてきました。

前日までの仕事で疲れていた(夏休み取れるのはいいけど、月あたりの仕事量は減らないんだよね…)もので、心身ともにリラックスする事、大好きなガルパンの舞台で現実逃避しよう、といった趣です。

それでは、パンツァー・フォー!


f:id:tokuda-hirofumi:20170718174356j:image

今回は東京駅八重洲南口バスターミナルから出発。

高速バスなら水戸駅まで往復で3,900円、所要時間は約2時間。特急ひたちと比べて値段は半額、時間はおおよそ2倍。常磐線を乗り継いで行くよりは多少早くて安いので、都内から大洗に行くなら特急かバスの2択でしょう。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718175221j:image

高速バスの座席にはコンセントがありました。サービスいいね。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718181430j:image

大洗駅前にはガルパンラッピングバス!海開き期間中にサンビーチに行くバスだそうです。海水浴に来たわけではないので、大洗町巡回バス「海遊号」のほうに乗車します。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718181733j:image

お目当ては、大洗シーサイドホテルのランチ。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718181906j:image

シーサイドホテルには西住隊長パネル。

f:id:tokuda-hirofumi:20170718182045j:image
巨大ボコのぬいぐるみやキャストのサインもあって、シーサイドホテル入口横の一角はガルパンだらけでした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718182201j:image

で、料理長のきまぐれ御膳をいただく。写真はメインディッシュで、前菜とスープとデザート&コーヒーもつきましたよ。ボリュームは少なめでしたが、美味しかったのでOK。1,500円なら文句なし。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718183055j:image

あいにくこの日は天気が悪く、通り雨にも見舞われましたが、まだらな雨雲の作り出す空のコントラストが美しかったです。

f:id:tokuda-hirofumi:20170718183515j:image
続いてゲーセン…じゃなくて、潮騒の湯に移動。

シーサイドホテル付近からサンビーチ方面のバスが無いようでしたので、タクシーを呼びました。

写真のゲームコーナーは劇場版のエキシビション終了後にアリクイさんチームが遊んでいた場所ですね。

肝心の温泉は、まんまアニメに出てきた場所そのものでテンション上がりました。お湯もぬるめで私には丁度良かった。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718184028j:image

しかし、温泉より衝撃を受けたのはコレですね。マッサージチェア「あんま王」お前がキングだよマジで。これまでの人生で一番しっくり来たマッサージチェアです。1回200円。機会があればぜひお試しを。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718184323j:image

 潮騒の湯にもガルパンコーナーがありました。気合の入ったプラモが格好良かった。プラモ作ってみようかなぁ。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718184521j:image

で、また食べるわけ。この定食は1,000円とお値打ち。やっぱりお刺身がフレッシュで生臭さとは無縁でしたね。天ぷらのお魚もホクホクでした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718184727j:image

夏の大洗といえば、岩牡蠣。貝ガラも身もデカイ。

苦味のないあっさりした味でツルッといけます。すでに満腹だったのですが、もう一個食べるか真剣に悩みました(バスの時間なので諦めましたが…)いやぁ、これうまかったですよ。

f:id:tokuda-hirofumi:20170718185201j:image
潮騒の湯から見える風景はこんな感じ。これを眺めながら海鮮をいただく幸福。大洗いいとこですよ、まったく。


f:id:tokuda-hirofumi:20170718185323j:image

潮騒の湯最寄りのバス停はなかなかの風情。

バス移動は安くて楽な反面、バスの時間に合わせて行動しないといけないのが面倒ではあります。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170718185706j:image

水戸駅に戻り、アパホテル水戸駅北口へ早めのチェックイン。アパホテルな理由は…安かったので。ぼっち旅なんで、狭いシングルルームでいいのよ。水戸駅で小分けのお土産菓子を買って、酒のツマミとします。のし梅おいしいですね。



f:id:tokuda-hirofumi:20170718190753j:image

どうでもいい話ですが、水戸の駅ビルにしまむらがあるようなので、翌日の服を現地調達するつもりでした。何故かチョイスしたのは「クズの本懐」Tシャツ。レンタヒーローTシャツと随分悩みました。ガルパンがあれば迷うことはなかったのですが。というわけで、翌日はクズTシャツでアクアワールドに向かいます。

 

(後編に続きます)

ガルパン シネマティックコンサート横浜公演に行ってきました

f:id:tokuda-hirofumi:20170709162648j:image

 ガールズ&パンツァー劇場版の映像に合わせて東京フィルハーモニー交響楽団が劇伴を生演奏するコンサート。

先立って行われた大宮公演の評判がすこぶる良いようなので、辛抱たまらず行ってきました。ガルパンといえば戦車と美少女ですが、音楽の魅力も相当なものです。

では、パンツァー・フォー!

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170709144351j:image

場所はパシフィコ横浜 国立大ホール 。

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170709150528j:image

早く着きすぎて時間の潰し方が分からず飲酒。

物販を見たかったのですが、結構混んでいたのでスルーしました。買う人の邪魔になりそうでしたし。

メロンの氷結美味しいよ。 

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170709153953j:image

生ボコだぁぁ!

ボコ登場と同時にガルパンおじさん大移動!しかし、物販会場の出口を塞ぐまいと早足で逃げるボコ!まるでジャバウォッキーです!

出入り口から少し離れた場所でポーズを決めてくれました。

f:id:tokuda-hirofumi:20170709204710j:image
3階席からはオーケストラの最後列がスクリーンで見切れていました。これほど最高なコンサートだと知っていれば、S席をとっていたかも…次の機会があれば、是非そうしたいと思います。

 

極上爆音上映は砲撃音が主役でしたが、音楽を主役にしたガルパン劇場版もまた、素晴らしいものでした。

映像と演奏の完璧なシンクロに驚き、生演奏の艶と迫力に感動!何度も観た映画なのに、食い入る様に観てあっという間に終劇となりました。

 

「やってやーる やってやーる やーってやるぜ♪」

愛里寿が歌い出してからの『無双です!』『劇場版・緊迫する戦況です!』から勝利後の『ヴォイテク!』が流れるまでは、緊張と覚醒の連続で本当に最高でした。

 

エンディングの『piece of youth』は勿論、Chouchoさんの生歌。汗と感動でハンカチがシットシト。

 

アンコールは東京フィルがノリノリで演奏する『無双です!』これ、めちゃくちゃ格好良かったですよ。

そしてChouchoさん再登場、『DreamRiser』オーケストラバージョンを熱唱!これもすっごく格好良くて、Chouchoさんの衣装がキラキラ光っていて、もう天使じゃないかと。

 

そして、Chouchoさんからスペシャルゲストと紹介を受け、佐咲紗花さん登場!

佐咲さん「あんこう音頭の女、佐咲紗花です」

ガルパンおじさん総ホッコリ、掴みはOK。最終章のテーマ曲を初披露していただけるとの事で会場どよめく。『Grand symphony』とてもよかったです。 

指揮者の栗田さんも面白くて、観客に「ガルパンはいいぞ」コールを要求。

栗田さん「ガルパンは!」

観客「いいぞ!」

最後は、Chouchoさん&佐咲紗花さん&観客全員で『Enter Enter Mission!』を熱唱し、鳴り止まないスタンディングオベーションが延々と続き…幕を閉じました。

 

つまり一言で言うと、「ガルパンはいいぞ!」ですかね。今日の公演は年末にBDが出るそうなので、是非とも購入させて頂きたいと思います。



f:id:tokuda-hirofumi:20170709220017j:image

最高でした。

 

ガールズ&パンツァー 聖地巡礼(後編)

(前編からの続き)ガルパンの聖地、茨城県大洗町に行ってきました。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170704154210j:image

新鮮な海の幸をいただき、海岸沿いを大洗磯前神社方面へ歩く。都会の海辺は磯の香りが生臭く感じる事がありますが、大洗の海では感じませんね。海風も涼しく心地よいです。



f:id:tokuda-hirofumi:20170704175242j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704154404j:image
大洗磯前神社前で、あの赤い橋を発見。

サンダース大付属のCー5Mスーパーギャラクシーが大洗女子の戦車を投下するシーン、脳内再生余裕です。

アリサ「この借りを返すために、戦車道を続けなさい」

意地悪そうなアリサの台詞だから余計に響くんですよねぇ。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704175315j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704155741j:image

びびるほど立派な大洗磯前神社の鳥居。

実物は本当に大きいです。鳥居をくぐると、「右にフェイント入れてから左の道に入ってください」の場所。もちろん、左の道を進みます。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704160404j:image

反対側からの構図もお馴染みですね。

ここはなかなか急な坂道で、息が切れます。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704160652j:image

水分補給のため神社の休憩所へ。

メローイエロー生存確認。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704161310j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704161505j:image

巨大な公式痛絵馬がありました。巡礼者の方の様々な痛絵馬も楽しめます。絵が上手いって、羨ましい。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704161545j:image

みほ「ここを降ります。麻子さんなら大丈夫」

実際にものすごく急な階段でした。さすが西住隊長は大胆不敵。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704160836j:image

カチューシャ「ばっかじゃないの!ミホーシャ、無茶しちゃって!」

カチューシャとノンナがここで引き返していた場合、アクアワールドの駐車場で上から攻撃する場面には繋がらなかったのでは?と考えると、階段を降りるというカチューシャの選択は案外妥当な判断だったのかもしれません。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704162821j:image

チャーチルを追いかけて浜辺に入る場面。

走り抜けていく戦車達が見えます。

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170704161956j:image

カチューシャ様の「頼れる同士」KV-2登場!

見えませんか?私には見えました。

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170704162114j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704162141j:image

かーべーたんの砲撃を受けた「大洗ホテル」と「大洗シーサイドホテル」。シーサイドホテルの被弾箇所には弾痕をわざわざ制作して貼ってあります。ノリノリか!

ここをまっすぐ進むとアクアワールドに行けるようですが、結構な距離がありそうなので引き返します。

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170704163643j:image

劇場版でチラッと映った大洗文化センターの別アングル。

ここはノーマークだったのですが、歩いていて気が付きました。知らない街なのに知っている、という不思議な感覚が聖地巡礼の面白さですね。

f:id:tokuda-hirofumi:20170704171902j:image

麻子「また来た…」

クルセイダー隊が再度現れるシーンですね。

マリンタワーガルパン喫茶を目指します。

港にはさんふらわぁが停泊していました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704164045j:image

マリンタワー入り口のお姐さんに「2階に行きます」と告げ、ガルパン喫茶「Panzer Vor」へ。

3階の展望台は有料なので、エレベーターに乗る前に2階に行くことを伝える必要があるようです。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704164424j:image

チハたんの呼び鈴。隣のテーブルなので押しませんでした(押したかった)。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704164528j:image
クランベリーソースがかかったバニラアイスに濃い目のローズヒップティーをかけていただく、クルセイダー隊仕様のアフォガードを注文。缶バッヂもローズヒップ

店内BGMはガルパンのサントラとドラマCD、展望台の真下にあたるため眺めも良いです。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170704164834j:image

マリンタワー1階にあんこうチーム全員集合。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704164911j:image

スタンプを貯めるほど来店できるかは分かりませんが、会員カードを作っていただきました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704165028j:image

ここは大洗まいわい市場…の跡地ですね。

まいわい市場とガルパンギャラリーはアウトレットモール横に移転しています。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704165122j:image

発砲禁止区域のアウトレットモール。そして例のエスカレーター。左奥の噴水をアヒルさんチームがぐるぐる回っていましたね。

このアウトレットモール、開店中の店舗はざっと3分の1程度で、まるでシャッター商店街のような有様でした。

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170704165543j:image

歩き疲れたのと汗を流したかったので、温泉で休憩。カメさんチームとは無関係。

アニメではものすごく綺麗なスパのように描かれていましたが、普通のスーパー銭湯でした。町営のためか入浴料が700円と安く、本物の温泉である点はナイスですね。

実は湯船に長時間浸かっていられない質なので、肩まで浸かって100数えてサッと出ました。いい隊長になれますように。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170704170326j:image

「重戦車キラー」ウサギさんチームがノンナに挑み、あっさり撃破された場面で巻き添えを食っていた看板。ちょうちょはいませんでした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704171842j:image

大洗まいわい市場の社用車のようです。

自分へのお土産はまいわい市場でまとめて買いました。干し芋が美味しかったなぁ。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704172043j:image

まいわい市場の隣はガルパンギャラリー。

ここはかなりアガりました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704172338j:image

ココスの交差点…だったはずが、買収されてファミマになったんですね…

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170704172545j:image

帰りもバッチリ、ガルパン列車です!

大洗滞在時間は約6時間、見たかった場所は概ね回れました。次回は食事メインか、アクアワールドに行ってみたいですね。あぁ、潮騒の湯も行かなきゃなぁ…とにかく、再訪する気満々です。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704172637j:image

切符を買って有人の改札を通る事も新鮮。

 

私は「アニメは休日に酒でも飲みながらダラダラ観るもの」「本編を見る事以外に興味はない」という人で、収集癖もないしコミュ障の出不精だしで、ハマった勢いで聖地巡礼をするなど、自分でも想像できなかった行動でした。

しかし、ガルパン成分欲しさに大洗まで来てしまった自分自身の若さ故の過ちは…認めておこうと思います。

 

遠ざかっていくマリンタワーが寂しかった。

ありがとう大洗、また来るよぉ!