ガールズ&パンツァー 聖地巡礼(前編)

ガルパンの聖地、茨城県大洗町に行ってきました。
f:id:tokuda-hirofumi:20170704121419j:image

上野駅から特急列車で水戸駅まで移動。

イキってグリーン車に乗ってみるも、平日朝の水戸方面はどのみちガラガラのようで後悔。

土浦あたりでレンコン畑が見えたのは新鮮でした。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704131130j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704122324j:image

水戸駅鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線に乗り換え。いきなりガルパンラッピング列車がお出迎え。車内にも手作り感溢れる装飾がされており、ガルパン愛を感じる車両となっております。

また、この車両はディーゼル駆動だそうで、独特の音と揺れも新鮮。予備知識がなかったので驚きました。

JRからの乗り換えですが、大洗鹿島線ICカードが使えないため水戸駅で精算が必要です。私はいったん改札外に出て大洗駅までの切符を買いました。改札内で精算する方法もあるのでしょうか?

ガルパンラッピング電車の運行スケジュールは、鹿島臨海鉄道のホームページで公開されています。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704124017j:image

大洗駅構内からノリノリなようです。

飾りすぎていないところが妙にリアルで、ガルパンを知らない人はおおいに誤解する事でしょう。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704124046j:image

大洗駅構内の売店。ガルパン関連も売ってます。帰りに蝶野亜美教官のお酒「撃破率120%」を購入させていただきました。

徒歩移動だったので、道中でお酒を買うわけにもいかず半ば諦めていたところ非常に助かりました。

ガルパン仕様のサクマドロップスも売ってますよ。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704124111j:image

初めて訪れた土地なのに既視感があり過ぎて、「ようこそ」というより「ただいま」でしたね。ぼっちなので顔ハメはパス。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704124130j:image

 大洗駅ガルパンギャラリーにはあんこうチーム私服パネル。かわいいけど若干ダサい服、という絶妙な田舎感がたまりません。 

やっぱりガルパンキャラはタンクジャケットが至高ですね。

f:id:tokuda-hirofumi:20170704125255j:image

イルカのモニュメントをアニメと同じ構図で撮るためには反対側(道路)に出る必要があります。大洗の町中はそこそこの交通量があり、道路に出て撮影するのは危険なので自重しました。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170704125645j:image

大洗駅横のこんな空間ですら聖地。

「隊長、なんか言え」

「あ…んぁ…  パンツァー・フォー!」

最終話で一斉にジャンプしていた場所ですね。

駅前のロータリーにはガルパン仕様の痛タクシーもいました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704125616j:image
劇場版でクルセイダー隊に追いつかれそうになり急停止&3両目を撃破していた道路。Ⅳ号戦車とクルセイダーのバトルはスピード感とあんこうチーム無双がたまらなく格好いいですね。

ローズヒップ「マジですのっ? 」

の台詞でお馴染みのおか亭付近は静かな住宅街ということで、今回はスルーしました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704130640j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704130639j:image
TVシリーズ4話の聖グロ戦で通行止めになっていたあたり。みほのⅣ号戦車がチャーチルとマチルダⅡに追い詰められるも、履帯を直した生徒会チームが乱入!「桃ちゃん…ここで外す…」という迷シーン。好きなんです。

 
f:id:tokuda-hirofumi:20170704131336j:image
右側の信号が被弾して倒れ、それを後続のクルセイダーが踏み…

ローズヒップ「およよよよよ!」

肴屋本店のシーンへ。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704131401j:image

 4話、劇場版と2度破壊された超有名旅館「肴屋本店」さん。実際になかなか見通しの悪いカーブで「なるほどこれは曲がりきれん」と納得。

カーブが連続している事が徒歩でも予測しにくい道路で、ここで急停車できたクラーラはなかなかの実力者だなぁとしみじみ。ローズヒップさんは、さすが。

 

f:id:tokuda-hirofumi:20170704132007j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704132005j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704133404j:image
町中の至る所にガルパンキャラのポップや「ありがとうガルパン」ののぼりがあり、ファンから寄贈されたと思われるイラスト類や声優さんのサインなどが結構ガチな感じで飾られていたりします。

あきらかに個人所有の乗用車にもガルパンのステッカーが貼ってあったりして、地元の方(一部かもしれませんが…)にも愛されている様子が微笑ましいですね。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704132636j:imagef:id:tokuda-hirofumi:20170704132635j:image
ここは劇場版の「OY防衛線」ですね。

カチューシャ様の「あんなチマチマしたチビっこい連中、削って削って削り取って、ピロシキの中のお惣菜にしてあげるわ!」という台詞が大好物です。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704133009j:image

大洗役場入り口前の階段もまた聖地。

西絹代「と・つ・げ・き?」

のアノ場所です。こんな普通の階段にいちいち既視感を覚えて楽しくなる自分が怖くなってきました。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704133250j:image

ここを右に曲がると海岸沿いの大きな道路へ。

朝から何も食べていなかったので、そろそろカロリーを補給せねば…という事で、狙っていた食堂へ移動。


f:id:tokuda-hirofumi:20170704133704j:image
で、大洗漁港「かあちゃんの店」で昼食。

2色しらす丼とかき揚げ単品で計1,400円なり。

ガルパンと無関係であっても、大洗まで来て海の幸をいただかないなんて考えられず、飛び込んだ次第。

新鮮な苦味のないしらすがご飯と同量かと思えるボリュームでどっさり入っており大満足。

かき揚げは白身魚と玉ねぎと、しらす。

きっと、人生で一番しらすを食べた日ですね。

絶品グルメという趣ではありませんが、安くてボリュームのある港町の食堂といった感じのお店で、なかなかよかったです。隣の人が食べていた巨大な煮魚がとてもおいしそうで、煮魚定食のための再訪を決意しました。

(後編に続きます)